育成の理念

①サッカーは楽しむもの~サッカーを楽しむ~

成長する過程で辛い事もあるかもしれないが、楽しいから続ける。楽しいからもっと上手くなりたいという気持ちを持つことが自然。サッカーに夢中になる。

②認識、判断、行動を磨く~サッカーをすることでサッカーを学ぶ~

ボールタッチやフィジカルの行動だけを磨くのではなく、その行動を最大限に発揮するための基礎を大切にする。サッカーを通じて認識、判断を磨き、サッカーに必要な行動を磨く。

③対人の中で発揮できる個の力~ボールタッチや判断~

ボールと自分だけの関係でのみ技術を身に着けない。プレッシャーがある中で生かせる個の力を磨く。そのために、相手がいる環境でプレーする時間を大切にする。

④自分の頭で考えられる力をつける~学べる環境作り・教えすぎない~

与えられた環境の中で何をすればよいかを自分で判断し、自分で行動できるようにする。目標を持つことと、それを達成するための目的を持った行動を習慣化する。

⑤周囲のサポートに感謝する ~挨拶と感謝を言葉に~

チームメイトがいて初めてサッカーになること。サポートしてくれる家族やコーチ・周りの人がいてサッカーが出来ること。多くの人のサポートがあってサッカーが出来ていることに感謝する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました