突き抜ける選手が少ない

先日、サッカー仲間との間で育成の話になり気になったので記録。

”突き抜ける選手が少ない”という言葉

「最近、小学生の低学年にして足元の技術を持った子たちが当たり前になってきた」という話から「でも成長したその子たちは皆同じようなプレーをすることが多い」という流れの中で出た言葉です。皆さんはこの言葉を聞いて何を感じますか。

自分なりに他の言葉にすると、”強烈な特徴を持った選手が少ない”とも言えると思っています。
確かに足元の技術という面での平均は昔に比べ格段に上がったのは間違いないと思います。色んな練習方法が考えられ、技術を身に着ける術は昔に比べれば確立されているということなのでしょう。とても大きな進歩だと思います。ただその一方で、これをやっていれば技術が上がる練習が当たり前になりすぎたことを問題としなくていけないとも感じます。(単純なあまのじゃく的な考えではありません)
なぜそう思うのか。
それは、”憧れのプロ選手の動きを真似するよりも、ボールタッチやコーンドリブルの方を優先させてしまう可能性が高くなる”と思うからです。
昔は、映像で見たプロ選手の動きをその選手になりきって空想のDF相手にプレーをするのが1つの遊び(練習)となり、どうやったら同じようなプレーが出来るのか、どうやったら同じ動きが出来るのかを自分の身体を使って覚えていました。試合でプロが使う動きを真似して、それが役に立たないなんてことは恐らくないでしょう。プロの真似をすることが、その選手の型のようなものを自然と作っていたのだと思います。上手くはないけどなぜか点を取る生粋のストライカーと呼ばれる存在はもう現れないのでしょうか。”これをやっていれば上手くなる練習”でなく、”他の人がやってない自分の特徴を伸ばす練習”を自分で考えて取り組めるか。その考えの部分も併せて伸ばしていかないと、やらされている練習(本人が自発的に取り組むかどうかではなく、上手くなるために用意されている練習)の範囲でしか成長しない選手=突き抜けない選手になってしまうのではないでしょうか。それを両立させる指導は難しいのでしょうか。
時代の流れもあり、これからは足元の上手な選手は増えていくでしょう。しかし、足元が無くても中盤で相手の攻撃をしっかり潰す狂犬と呼ばれるような選手、泥臭くてもゴール前では常に点の取れるところにいる選手、クロスの精度が異常に高い選手、そんな選手の成長を促せるように日々学んでいきたい思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました