平日練習6月11日活動報告

6月のメインテーマ
ボールの置き所(ボールを止める)

<ランニング>
<アジリティトレーニング>
<対面パス>
<4対1>ツータッチ
<3対2+GK>

〇6月のメインテーマ
ボールをもらう前の準備がどんなに良くても、この技術がないと台無しになってしまいます。自分の足が届く範囲にさえ止められれば十分なのか。そこにボールを置けば何でも出来る場所にボールを止めるのか。他の人から見て同じ場所にボールを止めているように見えても、自分の中でこの「置き所」のイメージを持ってプレーしているか、そうでないか、はこの先大きな差となります。「置き所」は人によって異なります。自分にとってどこがその場所なのか、意識した反復練習でしか習得できない技術です。早いうちからその癖をつけてください。

〇アジリティトレーニング
ほとんどの子がステップを踏めませんでしたね。特に幼少期はこういった体を動かせる能力が勝負を決める大きな要因です。コーンを使った細かいドリブル練習なんかも、ボールタッチの向上はもちろんですが、足の運びを習得するうえでは良い練習なのかもしれません。
焦ってフォームがバラバラの状態で早くやる必要はありません。まずはゆっくりでいいのでステップが踏めるようにして徐々にスピードを上げられるようにしてください。道具は必要ないはずです。

〇対人練習
全ては相手がいる中で使える技術の習得を目指してください。少しのファーストタッチのずれやパスのずれがミスだと分かる貴重な場です。今はどんどんミスして構いません。何がミスになったのかを考えて修正していく、その繰り返しです。
3対2では攻撃はシュートまでもっていく、守備は最後まで体を張る。いいプレーが随所に出ていました。そういうシーンが多く出せるように続けてください。足りない部分としては、目的をもっと意識しましょう。攻撃ならゴールを奪うのが目的です。そのために味方は3人、相手は2人+GK。ゴールを奪うためのアイデア、方法はもっとあります。そのプレーにゴールを奪う意識は存在していましたか?守備も同じです。ゴールを奪われないために何を考えてプレーしていましたか?

〇5年生
楽しみながらも体を動かして少しずつサッカーの動きを習得してください。コーチが二人で見てくれることは大変有意義なことです。数年前からしたらだいぶ、まともにボールを蹴れる子が増えてきました。小学生の高学年は少し意識してやるだけでも大化けする年代でもあります。練習以外の時間をどう使うかはあなたたち次第です。

気になる点があれば聞いてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました