ボールを持った時の姿勢


上手い選手は

ボールの持ち方が




とても綺麗です。




スッと


自然体で


ボールを保持しながら




顔が上がります。



上手い選手と

下手な選手との違いのひとつに



ボールを保持した姿勢があります。





更に言うと



相手との距離が




どの程度で

その姿勢が崩れるか





その違いです。



いわゆる




プレッシャーと感じる距離


これが






差を生みます。




この距離は


ボール扱いが上手ければ




縮まる






わけではありません。







ボールを自由に扱える技術と
(細かいボールタッチ)





ボールを自分が望む場所に置く技術は




全くの別物だと



考えています。





ボールはいつも




そこにある。




そんな状態でプレー出来たら




相手を見てプレーすることが






少しは簡単になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました